前へ
次へ

なぜ買付証明書を発行しておくと良いのか

不動産物件の下見の後には、専門的な書類が発行される事があります。
買付証明書もその1つです。
買付証明書は、物件を購入する意思を表現する書類です。
例えば物件の下見をしてみて、とても住み心地が良い住宅であると思いました。
物件に対する販売価格もありますが、その数字も特に問題ないので、物件を買いたいと思いました。
その意思を表現する為に、証明書という形で書類を発行する訳です。
ちなみに書類を発行したからと言って、必ず物件を買えるとは限りません。
しかし買い手側の強い意志を表現する事はできます。
その証明書を発行しなくても物件を購入する事はできますが、できれば発行しておく方が良いでしょう。
というのも証明書があれば、不動産会社に自分の強い意志をアピールできるからです。
不動産会社との信頼関係が生まれやすくなり、物件を購入できる確率も高まる傾向があります。
ちなみに買付証明書は、特に決まったフォーマットや書式はありません。
ただし不動産会社にはテンプレートもありますから、遠慮なく相談してみると良いでしょう。

Page Top