前へ
次へ

不動産物件の敷金と保証金はどう違うか

賃貸物件を契約すると、一旦はお金を預ける事になります。
預けるお金は2種類あって、保証金と敷金があります。
どちらのお金も、退去時には戻ってきます。
ですから敷金と保証金は、どちらも同じお金であると思われている事も少なくありません。
ですが、実は返還ルールに関する違いがあります。
まず前者の敷金の場合は、補修費用などの実費が差し引きされる事になります。
退去する時に物件の一部に傷が付いていた時などは、補修工事が行われます。
その工事の依頼費用を差し引いた分が、退去時に戻ってくる訳です。
ちなみに何円ぐらい差し引きされるかは、退去するタイミングでないと分かりません。
補修費用が何円ぐらいになるかは、業者に依頼してみないと分からないからです。
ところが保証金の場合は、差し引きされる金額がはっきりしています。
賃料0.5ヶ月分や5万円など、ある程度は具体的な数字が確定していて、それを差し引いた分が退去時に戻ってくる訳です。
ちなみに具体的に何ヶ月分差し引きされるかは、物件によって異なります。

Page Top